サ高住補助金申請|完了実績報告の審査内容(新築事業:令和3年度)

query_builder 2021/07/11
blog:サ高住補助金申請
サービス付き高齢者向け住宅|補助金|完了実績報告

サ付き補助金申請の解説第4回目になります。今回からは補助金の交付が決まった後の手続きです。


補助金の交付が決定すると、詳細な見積書をベースに各費用が補助金の対象となるか否かを精査していきます。審査の流れ次第で様々な資料の提出を要求され、不確定要素のある手続きとなります。


まずは、補助対象外となる費用の一覧を


補助対象外となる費用(新築事業の場合)


1.補助対象建物の工事費に該当しない費用

2.敷地外にかかる工事費及び負担金など

3.建物に含まれない家具・家電製品・消耗品など

4.補助事業の特性として補助対象にできない指定工事費

5.自社設計・自社施工の場合の建築主に発生する費用

6.華美・過大な設備の設置等に要する費用

7.サ高住としての合理的な仕様・規模・価額を超えていると認められる工事費

8.原則、現金払いとした工事費用

9.リース契約による設備導入、及びその設置費用


具体例をひとつひとつ挙げていきたいところですが、数が多いので、かいつまんでご説明すると、


「3.建物に含まれない家具・家電製品、消耗品など」

  • 一般の家具屋・電気店で購入できるようなものは補助対象にはなりません。当該建物のために制作された照明設備・家具等は補助の対象となり得ます。
  • 補助対象であることを説明するには、設計資料・仕様書などの提出し、容易に買い替えができないことなどを証明する必要があります。
  • 近年では必需品のエアコンは、一般の家電と同種の物は補助対象外となります(各部屋及び共用スペースのエアコン本体価格に加え、設置のための工事費等も補助対象外になるので、かなりの額が削られてしまいます)。


「4.補助事業の特性として補助対象にできない指定工事費」

業務用の厨房設備のことです。入居者の方に食事を提供するための設備ではありますが、補助の対象外となっています(それ以外の一般的なキッチンが設置されている場合、それらは補助対象となり得ます)。


「6.華美、過大な設備の設置等に要する費用」

サウナ、岩盤浴、躯体一体型のシアターセットなどです。


「8.現金払いとした工事費用」

支払の確認がとりづらいので、原則として補助対象外となっています。工事費支払済みの証明資料として「請負工事費に相当する送金伝票の写し」を提出する必要がありますので、その意味でも現金払いは避ける必要があります。



補助対象外となってしまう費用は多々ありますが、それらが本当に補助対象外なのかを判断するため、様々な資料を提出する必要があります。施工会社さんに工事内容を問合せたり、メーカーさんからカタログ・仕様書を取り寄せたり、色々手間がかかり、時間のかかる手続きです。



NEW

  • 民法|業務委託契約を理解するための視点

    query_builder 2021/09/21
  • 住民票の除票・戸籍の附票の取り方

    query_builder 2021/09/18
  • 建設業許可|誠実性と建設業法の遵守

    query_builder 2021/09/17
  • 侮辱罪の厳罰化

    query_builder 2021/09/16
  • 内容証明郵便|時効更新を理由とした請求の文例

    query_builder 2021/09/15

CATEGORY

ARCHIVE