サ高住補助金申請|10年間の定期報告

query_builder 2021/07/13
blog:サ高住補助金申請
サービス付き高齢者向け住宅|補助金|定期報告

サービス付き高齢者向け住宅の補助金を受領した後は、その後10年間、年1回の定期報告をする必要があります。


サ高住の運営者・提供するサービスに変更はないか、入居率はどのくらいか、5年ごとのサ付き登録の更新は済んでいるかなどについて、変更があればその旨を報告します。


報告の手順は今後変わるかもしれませんが、流れをご説明すると

  1. 事務局から定期報告の依頼メール
  2. web上で報告内容を入力
  3. 事務局の確認
  4. (必要があれば修正)
  5. 事務局から報告内容了承の連絡
  6. 確認を受けたの報告書を印刷、建築主様から押印受領
  7. 事務局へ報告書を郵送提出


以上です。これを年に1回です。


報告の内容次第では「補助金返還」の問題が発生します。

例えば、補助金交付対象となっている介護関連施設のサービス停止、一部の部屋を高齢者向けから一般向けに変更、サ高住の全体のサービス停止などです。


そのような事態の発生してしまうことは、しかたがないことですが、発生してしまう前に知っておきたいので、関係者の方々とのおつきあいは密に続けていきたいです。


NEW

  • 民法|業務委託契約を理解するための視点

    query_builder 2021/09/21
  • 住民票の除票・戸籍の附票の取り方

    query_builder 2021/09/18
  • 建設業許可|誠実性と建設業法の遵守

    query_builder 2021/09/17
  • 侮辱罪の厳罰化

    query_builder 2021/09/16
  • 内容証明郵便|時効更新を理由とした請求の文例

    query_builder 2021/09/15

CATEGORY

ARCHIVE